ベース初心者におすすめの教則本は5つだけ【練習教材がいらないなんて嘘!上達には本が必要です】

上手に楽器を演奏できるようになるためには、長期間、練習することが必要です。ベースを学ぶときも同じで、テキストを何度も繰り返し読むのは当然ですが、実際に自分で手を動かす練習も、とても大切です。

 

ピアノの場合は、演奏しながら手元をみることができますが、ギターの場合はピアノのように手元を見て演奏し続けることはできません。適当なフレットに指があるのか、正確に弦に触れているのか、確認するためには上から見る以外の方法はありません。

 

そういった意味で考えると、弦やフレットの位置的な感覚を掴むまでに練習時間が必要な楽器だと言えるのではないでしょうか。

 

練習は効率的・能率的でなければならない。

 

では、効率的・能率的な練習とはどんな練習なのか。最速で上手になるためにはどんな練習をすればいいのか、以下に掲載していきたいと思います。

 

 練習方法にも種類がある?(ベース)

練習方法にも、あらゆる方法があります。しかし、これだけを練習すれば良いというような練習方法は、探しても見つからないと思います。

 

適当な姿勢を持続するための練習、速く楽譜を読むための練習、暗譜(楽譜を暗記する)ための練習、動かしにくい指(薬指や小指)を中心的にした練習…など、上達に向けて練習する箇所は非常に多いのです。

 

このような多くの練習内容を、全てバランスよく、どの箇所も平均的に上達うさせられるようになることが目標です。

 

効果的な練習方法としては、練習場所によりますが、鏡(全身鏡でも可能)の前で自分の姿を見て、その都度確認しながら練習するのも良いと思います。

一見すれば、この方法だと、ダンスの練習のように見えてしまうかもしれないような方法ですが、楽器を演奏する前に基礎的な要素である適切な姿勢で、フォームのコツを掴むためには、非常に効果があると思います。

 テキストや動画で学ぶのか、独学か?ベストな方法とは?

練習している方の中には、住所が遠方にあるので音楽教室に通うのが難しいという方もいらっしゃると思います。

 

その中でも、地方の過疎地や郊外に生活の拠点がある場合は、そもそも自分が学んでいる楽器の音楽教室を見つけることが難しい方もいると思います。

 

そのような方の場合、テキストやレッスン動画を徹底的に利用するのが一番いい方法です。

 

インターネットを利用して何冊か本を入手して、プロの講師が発信している動画でレッスンしながら、コツコツと確実に積み重ねることが特に効果的でおすすめです。

 

テキストは何回も先まで予習するのではなく、ゆっくり着実に、練習している箇所に集中して練習することがポイントです。

最近は、スカイプなどのアプリを活用したオンラインのレッスも数多く利用されていますよ。

 

もし、良い講師が近い場所にいらっしゃる場合は、講師と直接会って対面でのレッスンに時間を費やした方が何倍も効果的な練習になるでしょう。

 

ですが、なかなか、そういう訳にいかない方の場合はテキストも十分お勧めです。

現在、ギター教室を探している場合は、こんな場所もおすすめです。

 

テキストのおすすめは?

もし講師に教わっている方の場合は、その講師の指示を一番に実行することが良いですが、独学で学んでいる方の場合は、その内容に対して助言してくれる方がいないため、まずはテキスト選びに悩むと思います。

テキスト選びのポイントとしては、ビギナーの立場に立ち、内容を見て細かく親切であると感じるものを選んだ方がいいです。

 

その一つの例として、音楽の理論を学ぶことができる本を推薦します。

読譜(楽譜を読む)の知識が必要です。これは絶対に欠かせません。

 

読譜に関する知識や、どれくらい理解できているかが楽曲の演奏にそのまま反映されます。

楽譜そのものに関する勉強も、しっかりとしておいた方がいいでしょう。

 

ギター・マガジン 最後まで読み通せる音楽理論の本

CDが付いているので、リスニングしながら内容を確認することができます。

「コードって何?」という上級者には「分かっていて当たり前」と思われているポイントや割愛されてしまうようなポイントに注目しています。

 

細かいところまで簡潔に丁寧な解説があるのがポイントです。

一方で、リットーミュージック(出版社)には中々縁がないという学習者も意外と多いかも知れません。

しかし、リットーミュージックからはギターに関連した書籍が結構多く出版されていて、それも役に立ちそうな書籍がとても多いです。

楽天市場でチェック

Amazonでチェック

Yahooショッピングでチェック

究極のギター運指トレーニング

これは、フレットを的確に押さえることに重心を置いている書籍です。スムーズに指を動かせるようになることが、自分のイメージ通りに演奏できるポイントです。

 

楽天市場でチェック

Amazonでチェック

Yahooショッピングでチェック

最後まで読み通せるジャズ理論の本

ジャズの分野は手を出しにくい分野の1つですが、このようなCD付きの入門書があれば理解の助けになると思います。

楽天市場でチェック

Amazonでチェック

Yahooショッピングでチェック

ギター演奏の常識が覆る-99-の人が身についていない「本当のリズム感」

リズム感をつけ養うには、書籍を読む他に音を耳で聞いて情報を入れることがポイントです。

 

書籍にはCD付きのものが数多く出版されていますが、そのCDを活用する一番の方法はリズム練習であるかもしれません。

テキストだけ開いて終わらない、お気に入りの一冊になると思います。

 

楽天市場でチェック

Amazonでチェック

Yahooショッピングでチェック

ベース・ラインで迷わない本

「ベース・ラインで迷わない本」、その内容は書籍名の通りですが、難易度の高いベースを弾けるようになるための百科全書のように(ベースライン百科事典という項がついている)使用できる書籍です。

入手しておけば、間違いなく長い間使えるでしょう。。

一度、手に取って読んでみることをおすすめします。

楽天市場でチェック

Amazonでチェック

Yahooショッピングでチェック

まとめ

ベースを学習する場合、その練習方法を確立することが大切です。

それぞれ、自分自身に最適な練習方法を探して、タスクを着実に1つずつ行っていく間に、気が付いた時には上手になっているでしょう。

練習を開始する前に、練習方法を見つけるということから既に難しいと感じている方もいると思います。

しかし、しっかりと調べて試して…という風に継続していくことで、自然と自分自身に合う練習方法を見つけることができるはずです。

少しずつ、焦らないで前進していくことが大切ですよ!