【目的別】人気のベースアンプおすすめランキング10選【小型の自宅練習用コンパクトアンプ~ライブ用ヘッドアンプまで】

最近は、色々な機能のベースアンプや色々な種類のベースアンプが販売されていますね。

そのため『購入する時に何を基準に選べばいいんだろう?』と悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。

 

どんな場所で弾くかなど、その使い道に合うものを選ぶ必要や、それぞれの性能や機能を理解しておく必要があります。

 

そこでこの記事ではベースアンプの種類やおすすめの選び方を紹介したいと思います。

 

自分の好みに合わせた音、目的に合ったベースアンプを選ぶ

 

ベースを弾くために必須アイテムのベースアンプですが、種類によってそれぞれ性能や機能の違いが多いので何を選んだらいいか迷うアイテムの1つです。まだ練習を始めて間もない初心者の方は、もっと悩みやすいのではないでしょうか。

 

まず初めに、「自分の好きな音色を演奏することができるかどうか」を基準にして選ぶのを勧めます。そして、ベースアンプを使う場所や、その用途を踏まえたうえで出力ワット数から選ぶのもお勧めです。初めは自分の好みの音と使う場所を踏まえてから検討するのが一番良いと思います。

 

特に最初のうちは、急にライブで演奏するということも少ないと思います。初心者の方には自宅で練習する時におススメの人気商品があります。経験を積み、少しずつ慣れていくと、ベースアンプの種類やタイプについて考慮することになるため、初めは音色を聞いて直感で選んでみるのも1つの選択肢としていいでしょう。

 

ベースアンプの選び方

細かい部分の機能や性能が異なる商品が数多く販売されています。そのため、購入する際のチェックすべき箇所もたくさんあります。その商品が、ちゃんと用途に適しているか確認をしてから購入することが大切です。

 

ベースアンプの形状から選ぶ

大まかにベースアンプは2種類の形状に分けることができます。用途ごとに合わせて、一番いいであろう形状も異なる場合があるため、そういう点も踏まえて選ぶようにした方がいいでしょう。

 

セパレートタイプから選ぶ

セパレートタイプの商品についてご紹介します。セパレートタイプはヘッドアンプとキャビネットに分けられた形状で、その特徴は、この2つの組み合わせ方によって様々な音を表すことができることです。そして、もし故障してしまってもそれぞれが独立しているため修理しやすいです。

 

一方で、デメリットとしては、これから紹介するコンボタイプの商品に比べて形状が大型のものが多く値段も高価な商品が多い点です。ライブハウスやスタジオなどに置いてあるベースアンプは、セパレートタイプの商品が多いと思います。

 

コンボタイプから選ぶ

次に、コンボタイプのベースアンプについて紹介します。セパレートタイプとは異なり、ヘッドアンプとキャビネットが1つの形状になっている商品の事をコンボタイプといいます。ベースアンプに比べて表現できる音の自由率は低くなりますが、割と値段が安価な商品が多いと思います。

 

メリットとしては、持ち運びに便利な点が挙げられます。初心者用に最適なコンパクトタイプの商品をはじめ、大きなタイプまで幅広いタイプの商品が販売されています。接続などの少し難しい設定も殆どないので、初心者の方におすすめしたい商品です。

 

ベースアンプの種類から選ぶ

ベースアンプには種類があります。電気信号の増幅方法の違いによる種類分けと言われています。その方法が異なるだけで、再現される音が大きく変化するため、自分の好きなものを選択するようにしたほうがいいでしょう。

チューブアンプから選ぶ

電気信号が真空管によって増幅される種類の商品はチューブアンプタイプと言われています。その特徴は、音色に暖かみがあることです。そして、フルチューブアンプと言われるプリアンプとパワーアンプの2つの真空管を用いたものがあります。

 

反対に、プリアンプだけの真空管を使っている場合は、プリチューブアンプと言われています。これに関して、太い音色だと思う方も多いのですが真空管は消耗品なので交換する必要があるのはデメリットの1つでもあります。

 

ソリッドステートアンプから選ぶ

真空管ではなくトランジスタによって電気信号を増幅されるものをソリッドステートアンプと言います。チューブアンプに比べて、その音色は透明感を感じられることが特徴の1つです。長期間の使用でも交換する必要がない点もメリットではないでしょうか。

 

さらに、真空管を使っていないためメンテンナンスが楽ですし何より手間を省けます。非常に透明感があるキレイな音色なため、各種エフェクターと利用しても相性が良いです。個体差に影響されにくく似た音色が再現しやすい種類です。

 

用途に合わせてワット数から選ぶ

これまでにも紹介しましたが、形状や種類の違いも重要な点です。しかし、他にも注目しておいてほしい点としてワット数を挙げます。ワット数というのは、出力可能な音の大きさの違いの数値のことを言います。

 

家庭練習用から選ぶ

自宅(屋内)で練習するためのベースアンプを購入したいのであれば、出力ワット数が10W~30Wの商品が良いと思います。あるいは、10W以下のものでも屋内(自宅)で練習する用としては十分可能とされているので、参考にしたらいいでしょう。

 

出力があまりに大きすぎる場合、近所の方に迷惑をかけてしまうケースもあるため、自宅(屋内)の環境や練習場所によって適したものの使用が一番ですが、最大でも30W以下の製品が良いと思います。

 

小規模ライブ用から選ぶ

自宅で練習する用には、30W以下の商品を推薦しました。その理由は、小さい規模のライブなら、使用できるくらい大きい音が出力できるようになるからです。そのため自宅を含めた屋内での練習用には30W以下の商品が良いと思いました。他に、広場や小さな規模の屋外ライブでも、30W~の製品をおすすめします。

 

使用目的や使用場所に合うワット数の商品を見つけましょう。当たり前ですが、ワット数が大きいものだとその分値段が上がることがあるということも念頭においておいた方がいいと思います。

 

大規模ライブ用から選ぶ

一方で、大きな規模のライブの場合には500W以上の出力が可能なタイプが良いと思います。こちらの商品を使用するのはプロの方などが中心なので、趣味で音楽をやっている方にとっては、余り機会が無いかもしれないですが知識の1つとして知っていても損はしないでしょう。

ヘッドホン端子がついているかどうかで選ぶ

自宅や屋内で練習する用にベースアンプの購入を検討している方は、ヘッドホン端子が備わっているかどうかを絶対にチェックした方がいいです。基本的に屋内で使用するのであればヘッドホン端子の機能は必須です。

 

ギターの音とは違い、ベースの音はとても大きいです。そのため部屋が防音されていてもベースには効果がみられないケースもあるくらいです。だからこそ、ヘッドホンを装着して練習できれば便利でしょう。近所へ迷惑になるようなことも考えてヘッドホン端子が付いているかどうか調べておいた方がいいです。

ギターアンプはベースで使えるのか

ベースアンプと同様にギターアンプも販売されています。ギターアンプを使ってベースを演奏しようと試みる方もいますが、ギターアンプを使ってベースを弾くと故障してしまうケースもあるので試みないようにしましょう。

 

その理由は、先ほども話したようにベースはギターの音よりもとても大きいので、ギターアンプでは耐えることができない場合もあるからです。ベースを弾く際は、絶対にベースアンプを使って弾くようにしましょう。

 

ですが、ベースアンプを使用してもギターを演奏することは可能です。その理由はギターの方が音が小さいからです。それでも、もし使う場合は対応したアンプを使うようにするのがおすすめです。

ベースアンプの人気ランキングBEST10

以下にベースアンプの種類を人気順にランキングで紹介していきます。アンプ1つでも音は大きく異なることもあります。自分の理想に合うベースアンプを見つけて、気に入った音で心地よく、楽しく音楽を堪能してください!

 

ベース アンプ MICRO CUBE BASS RX MCB-RX

価格:25,920円(税込)

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高音質カスタム・スピーカー×4のベースアンプ

アルカリ単3乾電池×6本で動くため、手軽なベースアンプだと思います。付属のACアダプターでも大丈夫なので、屋内・屋外を選ばずに使用可能です。単3乾電池×6本で使用する場合は、最大11時間の連続使用が可能なのがポイントです。

 

ベース用にチューンされた高音質カスタム・スピーカー×4のスピーカーです。そのため、音圧感はサイズを超えたものを感じます。内蔵にチューナー機能が付いているので、演奏の前にサッとチューニングができるのも人気の秘訣です。

 

また、チューナー機能だけでなくリズム・ガイドも内蔵されているので、あらゆるリズムに合わせてベースを楽しめます。さらに、AUX IN端子もステレオとモノラル2系統をもっていて使い勝手が良いと思います。レビューにも、音が良くてバッテリー駆動するものいい。と書いてあります。

サイズ 20.7 x 29.59 x 29.39 cm 重量 6.8 kg
出力ワット数 5ワット

 

ヘッドホン・ベースギター・アンプ amPlug 2 Bass

価格:3,400円(税込)

Amazonで詳細を見る

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

180度回転する収納式プラグ機構を採用

2007年に発売されてから超ロングセラーの大人気シリーズ、amPlugが新しく色々な機能や性能がグレードアップしました。180度回転する収納プラグ機構でベースやギターに合わせて見やすい位置に角度を調整することができます。

 

また、収納する時は小さくコンパクトにすることが出来るのも人気です。真空管アンプの回路を完全アナログ仕様でシミュレートし、とことん音にこだわっています。新しい機能として、リズムが備えられました。気軽にリズムに合わせて弾くことが出来ます。

 

単4乾電池×2本で最大17時間の駆動が可能。そのため、弾きたい場所で練習したり、演奏したりすることができます。AUXイン端子という、CD/MP3プレイヤーの入力ができる機能も備わっていて、バックに好きな音楽を流して演奏出来るのもポイントです。レビューを見ても、音質が良くて練習に適している。という声が載っています。

サイズ 86(W)×80(D)×31(H)mm 重量 40g
出力ワット数 3ワット

 

Battery Powered Stereo Amplifier CUBE-ST-R

価格:31,320円(税込)

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5.2kgと軽量なボディー

カスタム・スピーカーを採用した、ハイクオリティーなサウンドを堪能できるベースアンプで、人気があります。床置きにも向いているスラント・キャビネットデザインなので、重さは5.2kgの軽量でマイクも同時に入力できる独立2チャンネル構成の製品です。

 

電源は乾電池による駆動とACアダプターによる駆動ができ、場所を選ばないで使えることも人気のポイントです。単3乾電池×6本で最大15時間の駆動が可能なため途中でバッテリーが無くなるという心配も必要ありません。

 

クロマチック・チューナーを搭載し、フットスイッチ操作にも対応しています。そのため使いやすいです。レビューにも、場所を選ばないでオールマイティに使用できるから便利。という声や、ポテンシャルが抜群。という声もあり、人気が高いです。

サイズ 重量 5.2kg
出力ワット数 5ワット

 

ベースアンプ TB-80/BK

価格:7,223円(税込)

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヘッドホン端子付きで使いやすい

いまからベースを始めたい人に最適な人気があるベースアンプです。勿論、ヘッドホン端子も付いているので自宅で練習するのに良いというのも人気のポイントです。サイズもお手軽で、屋内・屋外のどちらでも使用しやすいです。

 

デザインも飽きないシンプルで、コントロールはボリュームと2Band EQのシンプルなレイアウトとだというのもおすすめです。これだと、夜でも思う存分練習が可能なため、非常に人気があります。

 

レビューには、音が割れないので使用しやすいです。という声やヘッドホン端子が備わっているため自宅や屋内で練習するのに良くて使いやすい。という声も多く、初めてベースアンプを購入するには最適な商品だと思います。

サイズ W260 x D155 x H240 重量
出力ワット数 10ワット

 

ミニ・スタックアンプ ギター/ベース用 amPlug2 Cabinet AP2-CAB

価格:3,130円(税込)

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

単体ミニ・アンプとしても使用可能

ベースアンプのメーカーの中で、実績・信頼を兼ね備えたVOX製の商品です。キャビネット設計になので、音質向上が実現できている人気商品です。この商品は、単品とケーブル付きの2種類が販売されているため自分の目的に適した方を購入できるのが人気のポイントです。

 

人気のamPlug 2シリーズが接続できるのもポイントで、単体でも使えるため使い勝手が良いです。これまでのシリーズと大きく違うのは、最大出力が2Wであることです。

 

サイズもとてもコンパクトで、300gほどの重さなので、持ち運びやに非常に便利だと思います。レビューには、音も完璧で基礎練習に良いという声や想像していたより使いやすい。という声が挙がっています。

サイズ 6 x 10 x 10 cm 重量 300g
出力ワット数 2ワット

 

ミニアンプ AC2 Rhythm VOX Bass

価格:5,940円(税込)

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バリエーション豊富なリズム機能を搭載

コーラスだけではなく、ディレイ、リバーブのエフェクトも備わっている人気のミニチュア・アンプです。VOX伝統のハンドルとベンチ・グリルで高級感を感じられるため、見た目もキレイでポテンシャルが高いです。

 

豊富な種類のリズム機能も内蔵されていて、好みのリズムで演奏することが出来るのがポイントです。勿論、チューナーやヘッドホン端子も付属しているため使用場所を選ばずに使用することができます。

 

使いやすさの理由の1つにAUX IN端子を用意していることも挙げられます。レビューにも、コンパクトサイズで電池で長時間連続使用が可能で使いやすいです。という声や集合住宅でも使えるので良いという声もあり、人気が高い商品です。

サイズ 20.57 x 13.97 x 7.62 cm 重量 620g
出力ワット数 2ワット

 

ベースアンプ RUMBLE 15 V3 100V JPN DS

価格:11,335円(税込)

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

様々なサイズが販売されている

この商品は、最小15W~最大1000Wの出力数が販売されています。自分の目的に適した製品を購入できる商品で人気があります。さらに、コンボタイプやキャビネットタイプなど全4形態で販売されています。

 

自宅で練習する用大きい規模のライブでも使うことが可能です。15Wサイズの商品なら、ヘッドホン端子も備わっているため夜に練習したいときでも問題なく練習することができます。さらに、コンパクトなサイズなので、持ち運びするにもとても便利なのがポイントです。

 

AUXインプットからMP3などの音源をつなぐことで、バック音楽を流しながらベースの練習もできて上達も早くなります。レビューにも、15Wのサイズは一般的なベース練習に最適で重宝しています。との声がみられます。

サイズ 11.61 x 17.91 x 17.13 cm 重量
出力ワット数 15ワット

 

Warwick

ベースアンプ 10W BC10

価格:15,174円(税込)

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

厳選された高品質パーツによって作り上げられた

採用しているスピーカーは最適化設計のもので、ワイドかつフラットな周波数特注、余裕があるヘッドルームのエレクトリックベースやアップライトベースに特化した商品です。クラスA回路を採用しているため、他のアンプ回路を圧倒しています。

 

内部電子回路を低インピーダンスにしているため、熱によるノイズをちゃんと制御してくれるて、とても音質が良く、サウンド・メイキングも幅広く楽しめます。様々なサウンド・スタイルに対応できるので使用しやすくて便利です。

 

MP3やCDプレイヤーに接続できるAUXステレオ・ミニ・ジャック・インプットが装備されている商品です。レビューでもノイズがなく透き通った音です。などの声や優れたコスパ最高の商品です。という声があり、人気も高いです。

サイズ 320 (W) x 220(D) x 250 (H) mm 重量 6.5kg
出力ワット数 10ワット

 

VOX

ミニ・スタック・アンプ MINI SUPERBEETLE MSB25

価格:30,900円(税込)

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヘッドホン/ライン・アウト搭載で使いやすい

これまでにも歴史的舞台を飾ったスタック・セットを襲踏したデザイン、最大で50Wの出力が可能な人気商品です。部屋や屋内で演奏したり、録音したりするにも便利なヘッドホン/ライン・アウト昨日を備えています。

 

Celestion製の10インチ・スピーカーを一基搭載した、オープンバックのキャビネットです。デザインも美しく使用者からも高い人気を博しています。演奏しても、飾っても素材感が非常にいいため、あらゆる場面で使用可能です。

 

レビューにま、まず見た目が良いSUPERBEETLEの名前に相応しい商品です。という声や、外観は当然ですが音質も非常に良く値段も商品に相応で文句ありません。という声もあり、満足度がとても高い商品です。

サイズ 323(W)×180(D)×596(H)mm 重量 8.7kg
出力ワット数 12.5、25、50ワット

 

VOX

コンパクト・ベースアンプ 10W Pathfinder Bass 10

価格:6,828円(税込)

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブライト・スイッチも装備したベースアンプ

VOX製は、メーカーとして高い実績と信頼があり安心して使用できる商品です。VOX伝統のルックス・サウンドを継承しているという点でも人気があるベースアンプです。

 

この製品は、本体以外にケーブルがセットになった商品、自宅で練習できるようにセットが売られているため自分の目的に適したセットを選べる点がポイントです。コンパクトなサイズではありますが、10Wの力強い音を実現しています。

 

僅か5.6kgの重さなので、色々な場所に持ち運ぶにも便利です。レビューには、優れたコスパ、値段に対して質がいいベースアンプ。という声や、自宅で練習するのに最適なアンプです。といった声が見られます。

サイズ 40.89 x 19.05 x 29.97 cm 重量
出力ワット数 10ワット

ベースアンプのおすすめ商品比較一覧表

  • コンパクト・ベースアンプ 10W Pathfinder Bass 10
  • ミニ・スタック・アンプ MINI SUPERBEETLE MSB25
  • ベースアンプ 10W BC10
  • ベースアンプ RUMBLE 15 V3 100V JPN DS
  • ミニアンプ AC2 Rhythm VOX Bass
  • ミニ・スタックアンプ ギター/ベース用 amPlug2 Cabinet AP2-CAB
  • ベースアンプ TB-80/BK
  • Battery Powered Stereo Amplifier CUBE-ST-R
  • ヘッドホン・ベースギター・アンプ amPlug 2 Bass
  • ベース アンプ MICRO CUBE BASS RX MCB-RX
  • 特徴
  • ブライト・スイッチも装備したベースアンプ
  • ヘッドホン/ライン・アウト搭載で使いやすい
  • 厳選された高品質パーツによって作り上げられた
  • 様々なサイズが販売されている
  • バリエーション豊富なリズム機能を搭載
  • 単体ミニ・アンプとしても使用可能
  • ヘッドホン端子付きで使いやすい
  • 2kgと軽量なボディー
  • 180度回転する収納式プラグ機構を採用
  • 高音質カスタム・スピーカー×4のベースアンプ
  • 価格
  • 6828円(税込)
  • 30900円(税込)
  • 15174円(税込)
  • 11335円(税込)
  • 5940円(税込)
  • 3130円(税込)
  • 7223円(税込)
  • 31320円(税込)
  • 3400円(税込)
  • 25920円(税込)
  • サイズ
  • 89 x 19.05 x 29.97 cm
  • 323(W)×180(D)×596(H)mm
  • 320 (W) x 220(D) x 250 (H) mm
  • 61 x 17.91 x 17.13 cm
  • 57 x 13.97 x 7.62 cm
  • 6 x 10 x 10 cm
  • W260 x D155 x H240
  • 86(W)×80(D)×31(H)mm
  • 7 x 29.59 x 29.39 cm
  • 重量
  • 7kg
  • 5kg
  • 620g
  • 300g
  • 2kg
  • 40g
  • 8 kg
  • 出力ワット数
  • 10ワット
  • 5、25、50ワット
  • 10ワット
  • 15ワット
  • 2ワット
  • 2ワット
  • 10ワット
  • 5ワット
  • 3ワット
  • 5ワット

まとめ

ランキング形式で、利用者から人気があるベースアンプを紹介してきました。

 

個人の使用目的や使用する場所によって、出力ワット数や大きさなどを考慮する必要があると思います。

自分の目的に適したベースアンプを選ぶことが大切です。自宅など屋内で練習する用に購入する場合は、ヘッドホン端末が備わっているかどうかを必ずチェックしておきましょう。

 

記事が参考になれば幸いです。それでは!